東京インドア全日本ソフトテニス大会第51回 大会結果

平素よりアカエムソフトテニスボール、ルーセントウエアをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。
2011年1月16日(日)東京体育館(東京都渋谷区)にて、LUCENT CUP第51回東京インドア全日本ソフトテニス大会が6,000人を越す観客が見守る中、開催されました。

この大会には、2010年に行われた、全日本選手権大会、全日本社会人大会、全日本学生大会など日本を代表する各大会において上位の成績を修め、選抜された選手男女8組が一同に会し2011年の幕開けを飾るにふさわしいハイレベルな戦いを繰り広げました。また今大会出場したすべての選手が「ルーセント」テニスウエアを着用し、コート上を華やかに彩りました。

女子決勝は、逢野・海江田ペアと杉本・森原ペアの対戦になりました。序盤から両者譲らぬ展開となり、一進一退の試合内容でファイナルゲームになりましたが、最後は逢野・海江田ペアが押し切り、見事初優勝を飾りました。
男子決勝は、ディフェンディングチャンピオンの篠原・小林ペア(日体桜友会・ミズノ)と鬼頭・川村ペア(山口教員クラブ・宇部興産)の対戦になりました。予選リーグでも対戦した、両ペアですが、序盤から篠原・小林ペアが仕掛け一気にリードを広げました。鬼頭・川村ペアも思い切りの良いプレーで反撃しましたが、単発に終わり5-0で見事4年連続優勝を飾りました。
決勝戦前には、上原・平田ペアに対して5年連続出場の表彰、2010年11月に行われたアジア競技大会にてメダルを獲得した、日本代表選手団に対して、東京都ソフトテニス連盟、(株)ショーワコーポレーションより記念品が贈呈されました。また、昭和ホールディングス特別賞(ビックホリデーツアー10万円分)など豪華景品が当たる抽選会も行われ、会場は大いに盛り上がりました。
昨年ご好評頂きました、アリーナスタンドを設置し、またオーロラビジョンを使用した試合の場内放映、会場前でのケータリングサービスの実施などを行いましたが、ご満足いただけましたでしょうか?お客様にまた来て頂ける楽しいイベントになるよう、さまざまな企画を実施していきます。今後とも会場に足を運んでいただければ幸いです。

男子:大会結果


※予選リーグは7ゲーム、準決勝、決勝は9ゲーム(2と3、1と4の順位は対戦成績による。)

男子準決勝: 的場・塩嵜 2 - 5 鬼頭・川村  早川・向井 2 - 5 篠原・小林
男子決勝 : 篠原・小林 5 - 0 鬼頭・川村

優勝:篠原・小林組(4連覇)


女子:大会結果


※予選リーグは7ゲーム、準決勝、決勝は9ゲーム(5と8、6と7の順位は対戦成績による。)

女子準決勝: 佐々木・大庭 4 - 5 杉本・森原  逢野・海江田 5 - 3 上原・平田
女子決勝 : 逢野・海江田 5 - 4 杉本・森原

優勝:逢野・海江田組(初優勝)